ビアパレット

初体験!?ホッピーカクテルで女子もニッコリ!

1948年に東京赤坂で販売が開始され、半世紀に渡り支持されている“ホッピー”。割って飲んでこそ分かる、ホッピーの魅力。ということで、ホッピーの特徴と、おすすめカクテルを4つ紹介します。

公開日:2017年1月6日

こだわりの材料から作られる体に優しいホッピー

お疲れダンボー・上野 #ダンボー #居酒屋 #たる松 #ホッピー #お疲れ様でした #乾杯

A photo posted by Ito Tsuyoshi (@trico303) on

ホッピーは、ビアテイスト清涼飲料であり、二条大麦、ハラタウ・アロマ・ホップ、ワイエンシュテハン酵母、厳選された天然水といったこだわりの原材料を使いビールと同じ製法で作られています。

ホッピーはアルコールをほとんど含まない(0.8%)ばかりではなく、「低カロリー」「低糖質」「プリン体ゼロ」、100mlあたり約11カロリーと体に優しいのが嬉しいですね。

オレンジジュースを加えて爽やかカクテル

さっぱりした味覚を楽しみたい時には、柑橘系ジュースで割ってみましょう。

オレンジジュース×ホッピーの組み合わせは、オレンジの甘味は和らぎ、ホッピーの苦味はソフトになり、全体的にまろやかな風味に。
何杯でもお代わりしてしまいそうな、飲み心地のよさが魅力のカクテルです。

基本の分量はジュースとホッピー半々で。
オレンジジュースは果汁100%のものが推奨。

コーラと一緒にアメリカンなディーゼル風

ビールに黒ビールがあるように、ホッピーにも黒バージョンがあるのをご存知でしたか?

その黒ホッピーとコーラを半分ずつ混ぜると、ビアカクテルのディーゼル風に。
いつものコーラが、ちょっぴり大人の味に変身。
ちょっと甘味が気になるというときは、レモンを絞るとさっぱりとした味わいになります。

ダイエットコーラやカフェインレスコーラなどでは後味が悪くなりやすいので、普通のコーラを使いましょう。

朝からでも飲めちゃうヘルシーなホッピーカクテル

The #healthy way 😍 #vegetablejuice - #cuccumber #kale & #watermelon ... Fresh and yummmm

A photo posted by Amyra Dastur (@amyradastur93) on

ビアカクテルのレッドアイをホッピーと野菜ジュースに代えた、ヘルシー度最強のホッピーカクテルはいかがですか?

ホッピーの心地良い苦味と、野菜ジュースの風味がドッキングした爽やかなカクテルです。
レッドカラーも元気が出ます。

休日の朝、ジョギングで汗をかいた後に飲めば最高!
スポーツ後の新習慣としてビールやジュースからチェンジしてみませんか?

基本に忠実でさらに美味しいシャンディ・ガフ風

ホッピーを美味しく飲むポイントはホッピー、混ぜるドリンク、ジョッキの三つをしっかり冷やす「三冷(さんれい)」。
この飲み方の基本に忠実に、シャンディ・ガフ風カクテルを作ってみませんか?

まず、ホッピーとジンジャエールは冷蔵庫で、ジョッキは冷凍庫でそれぞれよく冷やします。
ジンジャーエール、ホッピーをジョッキに注ぐ時にはかき回さないように注意しましょう。

割合は半々で。ホッピーの風味が弱まるので、氷は入れないことをおすすめします。
このホッピーが美味しくなる「三冷」、ホッピーでカクテルを作るときは必須です。
17 件

この記事のライター

ビアパレット編集部

関係する記事

【ビール苦手女子必見 vol.1】おしゃれで簡単♪ビールカクテル風アレンジ

実はビールはちょっと苦手…でもみんながビールのときに自分だけジュースやワインというのもちょっと...

ビール好きな女子必見!デートでおしゃれにビールが飲めるお店【東京都23区内】

フルーティーなホワイトビールや小さなブルワリーで醸造されたオレンジの香のビールなど、クラフトビ...

【ビール苦手女子必見 vol.2】えっ?これもビール?飲んでもびっくりなフルーツビールおすすめ5選!

ビールは苦いからあんまり飲めない…。きっとそう感じている方は少なくないはず。そんな方に是非一度...

Copyright © ビアパレット