ビアパレット

ダイエット中の方へおすすめ!低糖質おつまみをご紹介!

ダイエット中は、ビールを控えようと心掛けている方も多いはず。それは分かってはいるものの、今夜は無性にビールが飲みたい!そんなときに役立つ低糖質のビール&おつまみを紹介します。カロリーを気にせず、楽しくビールを飲みましょう!

公開日:2017年6月29日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

低糖質ビールの糖質含有量は?

ヘルシー志向の人々の間で話題の低糖質。近年はビールも低糖質タイプのものが人気です。
ところで低糖質ビールには、糖質がどれくらい含まれているかご存知ですか?
コク、苦味、飲みごたえにこだわった「キリン 濃い味<糖質0>」の糖質含有量は、100mlあたり0g。
麦の旨味が感じられる天然水仕込の「サントリー 金麦<糖質75%オフ>」の糖質含有量は、100mlあたり0.5~0.8g。
麦芽100%の「アサヒ ザ・ドリーム」の糖質含有量は、100mlあたり1~1.5gでした。
さて、低糖質ビールを飲むときは、せっかくですからおつまみも低糖質のものを選びたいですよね。
次は、ビールに合う低糖質なおつまみ4つをご紹介します。

おすすめおつまみその1:サラミ

糖質の含有量が非常に少ないサラミには、良質のタンパク質が含まれています。ビールのおつまみとしては優等生といえるでしょう。

サラミにも色々な種類がありますが、ビールのお供には硬めのものがおすすめ。一般的にサラミは硬いものの方が良質で、噛みごたえもあります。ゆっくり味わいながら食べれば、少量でも満足な気分に。

サラミは冷蔵庫で保存してください。スライス後は室温にもどしてから食べましょう。これが肉の旨みを最大限に引き出す秘訣です。

おすすめおつまみその2:おつまみ海苔

低糖質というだけではなく、食物繊維やミネラル分が豊富で、しかもほとんどノンカロリー。そんな海苔はダイエッターの強い味方です。

特に味付け海苔はビールのおつまみにぴったり。最近は、味にこだわったおつまみ用の海苔も販売されています。

味付け海苔の元祖・山本海苔店のおつまみ海苔は、2枚の海苔の間にわさびや明太子などの具材をサンド。豊かな風味とパリパリの食感もビールと相性抜群です。

チーズや野菜を巻いて食べるのもおすすめ。
21 件

この記事のライター

mallorcamar

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

関係する記事

Copyright © ビアパレット