ビアパレット

サンクトガーレンから「アップルシナモンエール」が発売!

サンクトガーレン有限会社は500個の焼リンゴを使ったアップルパイ風味のビール「アップルシナモンエール」を2019年9月26日(木)から秋冬限定で販売します。

公開日:2019年9月7日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

“訳あり”リンゴを有効活用「アップルシナモンエール」

 (20160)

アップルシナモンエールに使用しているのは長野県伊那市の訳ありリンゴです。表皮に傷がついてしまったり、大きさが規格外のものなど通常では売り物にならない果実を買い取ってビールに加工しています。

1回の仕込みに使用しているのは500個のリンゴで、1シーズンで2500~3000個のリンゴを使う見込みです。

9月はつがる、 10月はジョナゴールド・紅玉・シナノスイート 、11月はふじ、と季節の移ろいとともに旬の品種を使っています。

リンゴ焼くところからすべて手作り

 (20163)

このビールの仕込みは厚木市内の製パン店のオーブンを借り、500個のリンゴを焼きあげるところからスタート。丸1日かけてリンゴを焼き、翌1日かけてビールを仕込んでいます。

オーブンには1段に4枚の天板が入り、3段みっちり詰めて焼き上げます。これを2回転させて500個を焼き上げます。

焼き上がったリンゴは翌日細かく切ってから、ビールのベースとなる麦汁に投入します。

このビールをつくっているときの工場は、焼リンゴと麦芽の香ばしい風味が混ざってアップルパイを焼いているような香りに包まれます。
 (20165)

オススメの飲み方は、「ホットビール」

 (20169)

アップルシナモンエールは焼りんごを使ったビールで、普通のビールと同じように冷やして楽しむのはもちろん、 温めても美味しいビールです。美味しいホットビールの作り方をご紹介します。

材料(マグカップ1杯分)

アップルシナモンエール…1本
りんご…8分の1個
シナモン…2分の1本 ※手で折っておく
クローブ…2~3個
角砂糖 …1個 ※量は好みで調整を。蜂蜜などでもOK

作り方

1、りんごは薄くスライスします。鍋に全ての材料を入れ、ビールをマグカップ1杯分 (約200cc)注ぎます。弱火で少しかき混ぜながら温めます。

2、最初ビールは少し泡立っていますが、だんだん泡がなくなってきます。泡が無くなって、鍋の周りが少しフツフツしてきたら完成です。(沸騰させる必要はありません)

商品概要

20 件

この記事のライター

ビアパレット編集部

ビアパレットの編集部アカウントです。様々な彩のある、華やかな生活シーンを過ごす皆様に、色々なタイプ(カラー)があるビール情報をお届けします!編集部には日本ビール検定2級、ソムリエ、唎酒師など、お酒の資格を全員がもっています。

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

関係する記事

サンクトガーレン、山梨の“訳あり”桃をビールを活用した「7種の桃のエール」 を発売

サンクトガーレン有限会社は、2019年10月4日(金)より、山梨の“訳あり”桃を使用したビール...

幻のオレンジ「湘南ゴールド」のビールが4月14日に発売!

サンクトガーレン有限会社は2019年4月14日(日)に、神奈川産“幻のオレンジ”を使用した「湘...

秋冬限定ビール!500個のりんごを使った「アップルシナモンエール」が発売!

サンクトガーレン有限会社から、2018年9月27日(木)に500個の焼リンゴを使用した、アップ...

夢実現!好きなクラフトビールを自分で好きなだけ注げる大人の遊び場「EXBAR TOKYO」が銀...

JR新橋駅東口から銀座コリドー街を有楽町駅に向かって徒歩3分程の場所に、株式会社タイトーが手掛...

サンクトガーレン、ホップ産地の地元ブルワリー「うちゅうブルーイング」とコラボ

サンクトガーレン有限会社(神奈川県厚木市/代表取締役 岩本 伸久)は夏に山梨県北杜市で収穫した...

Copyright © ビアパレット