ビアパレット

ここ1カ月の注目ビール銘柄 2020年6月

国内外、規模の大小を問わず、毎月さまざまなビールの銘柄が発売されています。国内外の有力ビール審査会で審査員も務める長谷川小二郎さんが、ここ1カ月で印象に残った銘柄を取り上げます。(ビール名はメーカー名、ブランド名(メーカー名と異なる場合)、「」の中に銘柄名の順に表記)

公開日:2020年6月23日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

玉村本店 志賀高原ビール「Tea for Two」(アルコール度数6.5%)

 (24810)

台湾で今最も勢いのあるブルワリーである臺虎精釀(タイフーブルーイング)と志賀高原ビールが協働した銘柄。

志賀高原ビールの定番のセゾン・ミヤマブロンドを基にして、台湾産の高山茶を加えています。

飲み始めに茶葉らしい甘味と渋味を感じ、飲み込むあたりからウーロン茶らしい香りも出てきて、それにふさわしい渋味は後味として残ります。渋味はビールの味わいとしては、国際的には少しでもあってはならないものです。

しかし私たちのように茶や山菜などを楽しんでいる身には、美味しさの一部になり得ます。また渋味にはうま味を強める効果があるので、ダシのきいたものやうま味のある魚介類や畜肉と合せるのもいいでしょう。

デシューツ「フレッシュスクイーズドIPA」(アルコール度数6.4%)

 (24812)

米国オレゴン州ベンドにあるブルワリーのIPA。

クラフトブルワリーとしては、2019年の製造量は全米11位でもあります。銘柄名が意味するところとしては「新鮮なホップ丸かじり、絞りたて」といったところでしょう。

フルーティーな味わいを想像しましたが、いざ口に含んでみると、松の葉のような香りがよく感じられました。パイナップルでも、松やにでもなく、です。筆者が好きな泡なしで注いだから、その特徴がよく出たのかもしれません。苦味も、米国のIPAと意識したほどは強くなく、どんな気分や体調でも最後まで美味しく飲み干せそうです。

ビールの香りの例えでたまに聞く「松の葉」を味わいを確認したい人にもおすすめです。

サッポロビール「サクラビール2020」(アルコール度数5%)

 (24813)

サッポロビールは「サクラビール2020」を6月16日に発売しました。

この銘柄はもともと、九州にかつて存在したビールメーカーである帝国麦酒が1913年から1942年ごろまで製造していた「サクラビール」を、現代風にアレンジしたものだそうです。帝国麦酒は1943年に、現在のサッポロビールの元となる大日本麦酒に合併されたので、両社には歴史上のつながりがあるのです。

口に含むとほんのりと香ばしさが感じられますが、味との差が面白い。どんな風に感じ取れるかは、記事末にあるテイスティング会で詳しく実施しますので、そちらもご覧ください。

協同商事 コエド「梅雨セゾン」(アルコール度数8.5%)

 (24814)

コエドが2015年に米国のストーン、ニュージーランドのガレージプロジェクトと協働して醸造した「梅雨セゾン」の改良版。

梅が使われているのは梅雨の名に合わせているだけでなく、コエドブルワリーがある埼玉県の関東三大梅林の一つ、越生地域の梅(白加賀)を使っていることもあります。

口に含むと梅や白ワイン、リンゴを思わせる香りが複雑に混じり合って感じられ、味は穏やかな甘味とほんのりとした酸味が感じられます。苦味はほとんど感じられません。後味はさっぱりで、この複雑な香りが見事に落ち着きます。アルコールの強さ、温かさも上品な範囲なので、次の一口に進みやすい。

バテレ「アンソカリス サワーIPA」(アルコール度数6%)

 (24815)

バテレは東京都奥多摩町に2016年に誕生したブルワリーで、最近の米国らしい特徴を持つ銘柄をよくつくっています。

オンラインショップでの不定期のビールの販売はすぐに売り切れてしまいます。感覚的な人気は、同じく通信販売が瞬時に売り切れることでも知られる山梨県北杜市のうちゅうブルーイングや、静岡市にあって周囲のクラフトビール人気をけん引するウェストコーストブルーイングに比肩するでしょう。これら3者はヘイジーオアジューシー(ホップ由来のフルーティーな味わいが強く出ているビアスタイル)を得意とすることでも共通しています。

今回飲んだサワーIPAは、名前の通りしっかり感じられますが、甘味もちょうどよくあるので、よくある「ただ酸っぱいだけの液体」に陥っておらず、この甘酸っぱさでもって最後まで楽しむことができました。何かははっきりと言い当てられませんが、柑橘類などの果物が混ざり合った香りも特徴的です。そして何より、こうした香り、味、そしてさっぱりとした後味までの全体のバランスが非常に優れています。

23 件

この記事のライター

長谷川小二郎

編集、執筆、英日翻訳。米WBC、GABF、豪AIBA、独EBS、日IBCなど国際的な上位ビール審査会で審査員。ビールと料理を合わせる「ベルギービールKAISEKI(会席)アドバイザー認定講座」「ビアコーディネイターセミナー」で講師。最新刊は共著・訳『今飲むべき最高のクラフトビール100』。

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

関係する記事

コエドビールと渋谷区観光協会が共同で渋谷区限定ビール「渋生」を発売

合同会社TNZQ、株式会社協同商事コエドブルワリー、コンタツ株式会社は、この度、4社が共同で取...

ブルワリー・レストラン「COEDOBREWERY THE RESTAURANT」がオープン!

日本を代表するクラフトビールブランド COEDO(コエド)は、新業態のブルワリー・レストラ「C...

AIとコエドビールのビール職人がコラボレーション。各世代の人生が味わえる「人生醸造craft」誕生

NECの最先端AI技術とコエドブルワリーの卓越した醸造技術が手を組み、これまでにない画期的なビ...

コエドブルワリーから「梅雨セゾン-Tsuyu Saison-」が数量限定発売!

埼玉県東松山市のコエドブルワリーは、2020年6月8日(月)に数量限定で「梅雨セゾン-Tsuy...

「ブルックリンサマーエール」が夏限定で全国発売!

キリンビールは、米国の代表的なクラフトビールメーカーのブルックリン・ブルワリーのブランド「ブル...

Copyright © ビアパレット