ビアパレット

ビール・お酒にまつわる格言をまとめてみました!

ビールやお酒は人生を楽しくさせるものであると同時に、気を付けなければならないことも多いですね。そんなビール・お酒には、さまざまな格言が世界中に存在します。あなたもきっと共感する、深い言葉をご紹介しましょう。

公開日:2019年5月10日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

天国にはビールがない

Free photo: Beer, Drink, Refreshment, Alcohol - Free Image on Pixabay - 1477943 (855)

「There is no beer in heaven, that's why we must drink it here.(天国にはビールがない。生きているうちに飲みなさい。)」とは、かつてペスト(黒死病)と呼ばれる伝染病がヨーロッパ全土に蔓延した時代に、カトリック教会の修道士達が考えた有名な言葉です。

ペストの発生源は人々が飲んでいた生水であったため、代わりにビールを飲んでもらうことで病気から人々を守ろうと修道士達は考えました。しかし当時は科学的な説明しても民衆の理解を得ることは難しく、普通にビールを奨めても生水を飲むことは止めませんでした。

そこで打ち出されたのがこの言葉です。それまでは天国でもビールが飲めると思っていた民衆はショックを受け、「生きているうちに楽しくお酒を飲もう!」と考えたのか、その後みんなビールを飲むようになったとのことです。これが功を奏したのかは定かではありませんが、次第にペストは終焉していきました。

言葉の真意はさておき、お酒を楽しむことができるのは生きているうちだけだというのはもっともですね。

酒は素晴らしいからつい飲み過ぎる

 (858)

奴隷解放など数々の偉業を成し遂げたあの有名なアメリカの大統領「エイブラハム・リンカーン」も、お酒が大好きでした。

そして彼は、愛する酒についても名言を残しています。それが「酒の害は酒が毒だからでなく、すばらしいが故につい飲み過ぎるからだ。」という言葉。

本当にその通りですね。

酒は素晴らしいからこそついつい飲み過ぎてしまう・・・お酒が好きな人ならきっと共感できる名言でしょう。

ビールを飲むと幸せになれる

 (861)

アメリカの政治家、ベンジャミン・フランクリンが遺した言葉に「Beer is proof that God loves us and wants us to be happy(神はわれわれを愛し、われわれに幸せになることを求めている。ビールがその証拠である。)」があります。

世の中にビールという名の「幸せになれる物」が存在するのは、神のおぼしめしだということですね。神様が存在するかどうかはともかく、ビールが人々を幸せにするということは間違いないようです。

今も昔も、お酒は幸福の象徴だということでしょう。

昔は、人と知り合うためにお酒を飲んでいた

 (864)

フランスの作家「フランソワーズ・サガン」の言葉をご紹介しましょう。それが「Avant, je buvais pour rejoindre les gens, maintenant je bois pour les oublier.(昔は、人と知り合うためにお酒を飲んでいたものよ。今は、そういう人たちを忘れるために飲んでいるの。)」です。

この言葉を聞くと、色々と考えさせられますね。お酒を飲む理由は人それぞれでしょうが、他人とコミュニケーションをとるためにお酒が用いられる一方で、ストレス発散のために飲む人も沢山います。前者はとても有意義ですが、後者は少し寂しい感じがしますね。

特にこういった飲み方はヤケ酒となってしまう可能性があるので危険です。彼女の言葉は、お酒の飲み方を今一度考えさせられる格言と言えるでしょう。フランスの作家「フランソワーズ・サガン」の言葉をご紹介しましょう。それが「Avant, je buvais pour rejoindre les gens, maintenant je bois pour les oublier.(昔は、人と知り合うためにお酒を飲んでいたものよ。今は、そういう人たちを忘れるために飲んでいるの。)」です。この言葉を聞くと、色々と考えさせられますね。

お酒を飲む理由は人それぞれでしょうが、他人とコミュニケーションをとるためにお酒が用いられる一方で、ストレス発散のために飲む人も沢山います。前者はとても有意義ですが、後者は少し寂しい感じがしますね。特にこういった飲み方はヤケ酒となってしまう可能性があるので危険です。

彼女の言葉は、お酒の飲み方を今一度考えさせられる格言と言えるでしょう。

男は黙ってサッポロビール

最後に紹介するのは「男は黙ってサッポロビール」という日本の言葉です。

1970年、とある衝撃的なCMが話題となります。それが、三船敏郎を起用したサッポロビールのCM。どのようなCMかというと、三船敏郎がただ寡黙にビールをあおるだけという内容です。

時代を代表する名俳優が一人で黙々とビールを飲む姿は、当時の男性達からは「カッコイイ男」に映ったのか、このCMは一世を風靡しました。

お酒は誰かと飲むのも楽しいですが、一人で飲む機会もあるでしょう。そんな時はこのCMのように、カッコよく飲みたいですね。
いつの時代もお酒は人々に愛されていたということが分かりますね。

ビール・お酒はあなたの最高のパートナーです。
ぜひこれらの格言のように、お酒を楽しみましょう。
15 件

この記事のライター

水林ゆづる

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

関係する記事

「自分流カクテル」を作れる、飲み放題専門店が東京・神田に誕生!

SFPホールディングス株式会社が展開する、神田駅近くにある路地裏ビストロ「BISTRO Una...

バラストポイントから新作「ブリュットIPA」を含む4種が発売!

株式会社ウィスク・イーからアメリカンクラフトビールのパイオニア、バラストポイントの新作が発売さ...

”カンパイ”シーンを提供した体験型エキシビション『#カンパイ展2019』が横浜で開催

昨年3万人を動員し新しい”カンパイ”シーンを提供した体験型エキシビションの第2弾『#カンパイ展...

ブリュードックから「テントントラック ベトナムコーヒー」が発売!

 株式会社ウィスク・イーからベトナムコーヒーのような濃厚な味わいを実現したインペリアルコーヒー...

京都のクラフトビールが飲める!『大丸ビアガーデン KYOTO 2019』がオープン

大丸京都店の今年のビアガーデンは京都発クラフトビール&地酒が飲み放題!チーズタッカルビが楽しめ...

Copyright © ビアパレット