ビアパレット

まるで、飲む"桜餅"。「サンクトガーレン さくら」2019年2月22日よりリニューアル発売

サンクトガーレン有限会社は2019年2月22日(金)に、長野県伊那市高遠の桜の花・桜の葉を使ったビール「サンクトガーレン さくら」を4月初旬までの春限定で発売致します。ほんのり桜餅風味で、ホワイトデーのギフトや、お花見シーズンにぴったりのビールです。

公開日:2019年2月7日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新たに神奈川の酒米“楽風舞”を使用し、道明寺桜餅をイメージ

 (15910)

桜餅には小麦粉をクレープ状に焼いた皮で餡を巻く関東風の長命寺と、餅米を使った関西風の道明寺の二種類あります。

関東出身者の多いサンクトガーレンでは2013年の発売以来、関東風の桜餅をイメージしてビールをつくっていましたが、福岡県出身の代表 岩本にとって、桜餅といえば道明寺でした。

そのため今年は神奈川県海老名市の泉橋酒造で栽培された神奈川の酒米"楽風舞(らくふうまい)"を原材料に追加。お米特有の、ふくよかな甘い風味をビールにプラスし、道明寺の桜餅のような味わいを目指しました。

桜の花よりも葉の使い方にポイント

 (15914)

サンクトガーレンが秋冬限定で販売している焼リンゴビール「アップルシナモンエール」は長野県伊那市のりんごを使用しています。

その縁で、同市のもう1つの名物である高遠の桜を使ったビールを開発してほしい、と伊那市長の要望があり2011年より工場で試作を開始。高遠の桜は「天下第一の桜」と称され「さくら名所100選」にも選ばれるなど全国的にも有名です。

手探り状態で試作を続ける中、ヒントになったのは桜の飲むお酢でした。しっかりお酢、でもしっかり桜風味。これは面白いと思い、開発者の方にお会いして桜の使い方のアドバイスを頂きました。私たちは桜の花しか使うことを考えていませんでしたが、桜特有の香り成分は花よりも葉のほうが多く含まれていると伺い、それをヒントに改良を重ね、2013年より一般発売を開始。そして2019年、リニューアルを行います。

「サンクトガーレン さくら」商品概要

 (15916)

【商品名】サンクトガーレン さくら
【アルコール】5%
【容量】330ml
【価格】460円(税別)
【原材料】 麦芽、ホップ、米(酒米)、桜(花と葉)
【販売場所】公式ネットショップ、東急百貨店本店ほか

https://www.sanktgallenbrewery.com/sakura/
9 件

この記事のライター

ビアパレット編集部

ビアパレットの編集部アカウントです。様々な彩のある、 華やかな生活シーンを過ごす皆様に、色々なタイプ(カラー)があるビール情報をお届けします!編集部は日本ビール検定2級、ソムリエ、唎酒師など、お酒の資格を全員が持っています。

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

関係する記事

秋冬限定ビール!500個のりんごを使った「アップルシナモンエール」が発売!

サンクトガーレン有限会社から、2018年9月27日(木)に500個の焼リンゴを使用した、アップ...

サンクトガーレンから数量限定「FRESH HOP IPA」が9月5日新発売

サンクトガーレン有限会社は今夏に山梨県北杜市で収穫したホップで仕込んだ「FRESH HOP I...

クラフトビールブランド BREWBASEの第5弾 『Lazy Hazy Boy』が発売!

2018年6月に生まれた新しいクラフトビールブランドの「BREWBASE」。これまで2ヶ月ごと...

カリフォルニア州のブルワリー「バラストポイント」から『スプルースチップ スカルピンIPA』が限...

カリフォルニア州サンディエゴのクラフトブルワリー「バラストポイント」から同社のフラッグシップア...

チョコ風味ビールと食べられるチョコレートグラスのセットが登場!

サンクトガーレン有限会社は2019年2月2日(土)より、チョコレート風味のビール「インペリアル...

Copyright © ビアパレット