ビアパレット

JR有楽町駅真下の高架下に高感度なビールスポットオープン! 世界へつなげるコミュニティーを築く「TOKYO ALEWORKS」の新しい挑戦

JR有楽町駅高架下の「エキュートエディション有楽町」に、今、クラフトビールシーンで注目を集めている「TOKYO ALEWORKS」(トーキョー エールワークス)の2店舗目となる新業態店舗が8月31日(月)にオープンしました。

公開日:2020年8月31日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 (25375)

「TOKYO ALEWORKS」は、Craft Revolution, Not Just Evolutionをモットーに、クラフトビール業界の進化をそのまま追いかけていくのではなく、クラフトシーンにおける革命を起こす活動をするのが使命だと考えている東京の板橋で醸造をしているブルワリーです。

製品の面での革命も意識的にしていて、現在の流行のスタイルをそのまま出すだけではなく、「基本のスタイル」のBack To Basics(バック・トゥー・ベーシックス)シリーズを出し続けて、新しいクラフトビールの飲み手に、クラフトビールの基礎の体験ができるようなビールを造っています。「TOKYO ALEWORKS」では、「革命」というのは「基本」に基づくものだと考えビールを造り続けています。

ブルワリー所在地:東京都板橋区板橋1-8-4 板橋Cask Village 1階

「TOKYO ALEWORKS TAPROOM本店」(板橋)については、ビアパレットで取材記事を掲載しています。下記のリンク先よりご覧ください。

【ビールdeバトンリレー Episode 20】Tokyo Aleworks Taproom 本店 店長 五月女 裕貴氏
https://beerpalette.jp/articles/0egFR
17 件

この記事のライター

ビアパレット編集部

ビアパレットの編集部アカウントです。様々な彩のある、華やかな生活シーンを過ごす皆様に、色々なタイプ(カラー)があるビール情報をお届けします!編集部には日本ビール検定2級、ソムリエ、唎酒師など、お酒の資格を全員がもっています。

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

関係する記事

Copyright © ビアパレット