ビアパレット

サンクトガーレンから数量限定「FRESH HOP IPA」が9月5日新発売

サンクトガーレン有限会社は今夏に山梨県北杜市で収穫したホップで仕込んだ「FRESH HOP IPA(フレッシュ ホップ アイピーエー)」を2018年9月5日(水)より数量限定で販売します。

公開日:2018年9月6日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まるで“ホップのシャンパン” のようなビール

 (13737)

ホップはビールの主原料で、主に香りと苦味のもとになります。

通常、ビールに使うホップは夏に収穫したものを乾燥処理したものです。1年中安定した品質のホップを使うために乾燥処理は欠かせません。

しかし、その工程において香りの成分が揮発することも避けられません。
 (13740)

でもこのビールには、何の成分も失われていない摘みたてホップをそのまま使用しています。

とれたてホップを使ったビールは、限られた場所(ビール醸造所とホップ畑の距離が近い)、限られた時期(ホップの収穫時期)しか造れない特別なものです。
 (13741)

この「FRESH HOP IPA」は山梨県北杜市で8月2日に収穫した“かいこがね”ホップを、すぐ神奈川の工場に持ち帰り醸造したビールです。

かいこがねホップは、甲斐で生まれた黄金色のホップが名前の由来です。若い頃は名前の通り黄金色をしていて、成長とともに濃い緑色になります。香りは柑橘系で、欧米の柑橘系ホップと比べると金柑を思わせる"和"な雰囲気があるのが特徴です。
 (13743)

国産ホップのフレーバーは、海外のものに比べると繊細です。その繊細なフレーバーを存分に引き出せるように、このビールはボディ(糖度)を極限まで落とし、ドライに仕上げています。

通常、ホップを大量に使うIPAのようなビールは糖度も高めにして、香り・苦味の強さに負けない厚みのある飲み口にします。

サンクトガーレン社のレギュラーIPAビールのYOKOHAMA XPAの糖度は4前後、レギュラービールで1番飲み口の軽いゴールデンエールでも3前後あります。

でも、このFRESH HOP IPAの糖度は、ほぼ0。
日本のビールでここまでドライなものはほとんど見かけません。
 (13746)

日本ではドライなビールというとシャープで硬い飲み口を想像する方が多いと思いますが、このビールはその逆。タンパク質の多い小麦麦芽やオーツ麦を使用し、クリーミーで柔らかな飲み口です。

大量のホップは全て、理論上ホップの苦味が抽出されない麦汁煮沸後に投入。苦味は微かで、シトラスのようなホップフレーバーだけをビールに凝縮させました。

糖度はほぼゼロでありながら、口に含むとホップのフレーバーから甘さを感じることが出来ます。
ドライな飲み口に圧倒的ホップ感。まるで“ホップのシャンパン”のようなビールです。

「FRESH HOP IPA」 商品概要

■商品名
FRESH HOP IPA(フレッシュ ホップ アイピーエー)

■アルコール度数
6.5%

■内容量
330ml

■希望小売価格
429円(税別)

■販売場所
オンラインショップ、東武百貨店池袋店ほかサンクトガーレン取扱い各店。
公式サイトに随時掲載。
13 件

この記事のライター

ビアパレット編集部

ビアパレットの編集部アカウントです。様々な彩のある、 華やかな生活シーンを過ごす皆様に、色々なタイプ(カラー)があるビール情報をお届けします!編集部は日本ビール検定2級、ソムリエ、唎酒師など、お酒の資格を全員が持っています。

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

関係する記事

「湘南ゴールド」を4月14日から春夏限定発売

サンクトガーレン有限会社は2019年4月14日(日)のオレンジデーに神奈川産オレンジ「湘南ゴー...

世界初「オオグソクムシ」使用ビールをサンクトガーレンが4月1日限定発売。

サンクトガーレン有限会社は世界で初めてオオグソクムシを原料に使用したビールを 2019年4月1...

軽井沢ブルワリーから「THE軽井沢ビール〈清涼飛泉プレミアム〉」が新発売!

軽井沢ブルワリー株式会社は2019年3月1日に「THE軽井沢ビール〈清涼飛泉プレミアム〉」を新...

銀河高原ビールの春限定製品「白ビール」が2月26日発売

株式会社銀河高原ビールは、春季限定製品「白ビール」を2019年2月26日(火)より数量限定で発...

まるで、飲む"桜餅"。「サンクトガーレン さくら」2019年2月22日より...

サンクトガーレン有限会社は2019年2月22日(金)に、長野県伊那市高遠の桜の花・桜の葉を使っ...

Copyright © ビアパレット