ビアパレット

日本初、ドイツのディプロム ビアソムリエ講座が開催されます

ドイツで1895年より続く最も有名なビール醸造学校である「ドゥーメンス」は、世界各国で「ディプロム ビアソムリエ」講座を開講しています。世界共通資格である「ディプロム ビアソムリエ」を日本で初めて取得できるようになりました。試験や認定はドイツ「ドゥーメンス」主導により行われます。主催:一般社団法人 ジャパンビアソムリエ協会

公開日:2018年5月29日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブルワリーと消費者の間に立って活動する「ディプロム ビアソムリエ」

thinkstock (10705)

ディプロム ビアソムリエとは、ブルワリーと消費者の間で活動するビール専門家で、現在海外で資格を取得している方は、ビアパブオーナー、サービス、営業、流通・小売、企画・販促、ブルワーなど資格取得者は多職種に渡ります。

ディプロム ビアソムリエは、原材料・醸造工程・熟成・パッケージからグラスまでビールの全体的な知識を持ち、それぞれがビールの品質、味わい、ビアスタイルの特徴などにどのように影響しているか判断することができます。彼らは世界のビールの歴史・各国のビール文化、ビアスタイル、近代のトレンドなどについて学び、ビールの官能評価(外観、香り、味、テクスチャー)香味表現のプロであり、料理とのペアリングにも精通しています。

さらに、ドラフト(樽生)設備のセットアップ、メンテナンスと調節、およびビアセラーなどの管理により毎回グラスの中のビールが一番美味しい状態になるように調整し、お客様に素晴らしいビール体験をお届けします。

現在、ブルワリーの数はアメリカで6,000、イギリスで2,000、日本でも300を超えるなど、世界中でクラフトビールが流行している中で、ブルワリーと消費者の中に専門家がいない状況にあります。そこで、ブルワリーの美味しさをそのまま楽しめるようにするためにも、ビールの専門家としての知識を持つ必要性があります。

ビアソムリエは、「ブルワリー」、「輸入商社・問屋・小売」、「飲食店」などビールに携わる様々な職業の方や、これからビールに関わる仕事に携わりたい方、ビールに関する総合的な知識・経験を深めたい方へおすすめの資格です。

資格取得後は、ビールのスペシャリストとして認められ、世界のビアソムリエと繋がることができます。また、今回日本でビアソムリエを取得すると、2019年のビアソムリエ ワールドカップの第一回日本予選出場資格が得られます。
日本初の「ディプロム ビアソムリエ」講座は、一般社団法人 ジャパンビアソムリエ協会が主催で実施されます。
写真
左:バイエルン州駐日代表部 Dr.クリスティアン ゲルティンガー代表
中央:ジャパンビアソムリエ協会 代表理事 山上 昌弘氏
右:ディプロム ビアソムリエ ホヘンタナ セバスティアン氏
「ディプロム ビアソムリエ」プレス発表会

「ディプロム ビアソムリエ」プレス発表会

ドイツ・ドゥーメンス醸造学校とは

 (10783)

ドイツ・ドゥーメンス醸造学校は、100年以上の歴史があります。1895年にミュンヘン醸造学校を設立したことを起源に、現在は世界中に多くのブルワー(ビール醸造専門家)を輩出しています。ドイツのミュンヘンでの最も有名な歴史あるビール醸造専門学校です。

また、世界各国で「ディプロム ビアソムリエ」講座を開講、世界中で、ドゥーメンス ビアソムリエが活躍、ビアソムリエワールドカップや、世界的なビールコンテストであるEuropean Beer Starなどを開催しています。

ドイツ・ドゥーメンス醸造学校には、世界各国から受講生が集まります。現在では2,500名のビアソムリエの資格保有者が世界で活躍しています。

日本でのカリキュラム内容・試験

istockphoto (10706)

<講座内容>
ドイツのカリキュラムをベースとし、日本に合わせた内容を加え修正したオリジナルカリキュラムで学びます。
ドイツから招聘した講師、日本人講師と共同開催。講座は基本的に日本語で、ドイツ人講師の場合は通訳が入ります。試験および認定は、ドイツ ドゥーメンス主導により行われます。

<日程>
全11日間
9時30分~18時頃を予定
全て土日・祝日開催

2018年9月15(土)、16(日)、17(月・祝)、22(土)、23(日)、24(月・祝)、29(土)、30(日)
10月6(土)、7(日)、8(月・祝)

<開催場所>
都内近郊各所(講座内容によって変更あり)

<受講費用>
47万円(税込)(講座受講料,テキスト代等40万円、受験・認定料7万円)。

<最少開講人数>
16名

<カリキュラム内容>
原料(水、麦芽、ホップ、酵母)、ビアスタイル、ビールの歴史と文化、醸造理論と実習、味覚とテイスティング、ビールの評価表現、樽生の知識と提供実習、サービストレーニング、オフフレーバー、フレーバートレーニング、ビールに合わせた(ビールを使った)調理実習、フードペアリング実習、ビールメニュー提案、ビアカクテル、ビールの熟成、ビールのトレンド、ビールの流通・販売・マーケティング、ビールと健康。
認定試験、合格発表、懇親会。
※認定試験は、ビアメニュー作成等の課題提出、認定筆記テスト、口頭試問による総合評価。

<申し込み・詳細>
https://diplombeersommelier.com/
11 件

この記事のライター

ビアパレット編集部

ビアパレットの編集部アカウントです。様々な彩のある、華やかな生活シーンを過ごす皆様に、色々なタイプ(カラー)があるビール情報をお届けします!編集部には日本ビール検定2級、ソムリエ、唎酒師など、お酒の資格を全員がもっています。

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

関係する記事

2020年のサントリー金麦は、四季に合った4種類の味わいがたのしめる!

2007年の発売から14年目を迎える「サントリー金麦」が、2020年に「金麦ブランド」全体でお...

ヱビスビール発祥の地「恵比寿ガーデンプレイス」で第11回「恵比寿麦酒祭り」開催!

サッポログループ各社が主催して開催される「恵比寿麦酒祭り」は今年で第11回目。今回は、120年...

BREWBASEからNew England Sweet Stout IPAの『Chocolat...

BREWBASEは、これまで主にNew England IPAのスタイルをべースに新作を発表し...

ベルギービールウィークエンド2020 豊洲が開催されます!

ベルギービールウィークエンド実行委員会は、【ベルギービールウィークエンド2020豊洲】を10月...

日本ビール検定(びあけん)予想問題!【Vol.65】-2級 -

2020年の日本ビール検定(びあけん)は、新型コロナウイルス感染症に関する状況を踏まえ開催中止...

Copyright © ビアパレット