ビアパレット

日本人にとってビールの源流はどこ?ビールヒストリー上映会が11月13日開催

ビールの注ぎの達人である「ビールスタンド重富」の重富寛氏が、日本のビールの源流を遡るドキュメント『日本の麦酒歴史(ビールヒストリー)』を製作しました。2018年11月13日に東京にて上映会が開催されます。

公開日:2018年11月6日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

開拓使麦酒の黎明期が遡るドキュメント『日本の麦酒歴史(ビールヒストリー)』

gettyimages (14812)

このドキュメントの原作は端田晶氏の著作『ぷはっとうまい日本のビール面白ヒストリー』(小学館)の中の、北海道開拓使麦酒醸造所の創業に挑んだ黒田清隆、村橋久成、中川清兵衛という三人の若者の逸話です。

北海道に新しい農業・産業を興して日本の近代化をリードしようと燃える開拓長官黒田清隆 35歳。

その部下として麦酒醸造所、葡萄酒醸造所、製糸所などを創業した薩摩隼人、村橋久成 33歳。

幕末に密航して本場ドイツで日本人初のビール修業を果たしたビール醸造技師、中川清兵衛 28歳。

ドキュメントを制作した、ビール注ぎの達人の「ビールスタンド重富」の重富寛氏が、彼ら三人ゆかりの地を旅しながら、彼らの思いをたどっていくドキュメントです。

上映後はビールタイム

gettyimages (14815)

日本のビールの源流を遡った後は、重富氏が日本の生ビールの原点であり50年前のビールサーバー「スイングカラン」を使って、一種類のビールから様々な味わいのビール注ぎ分けてくれます。


― なぜ北海道でビールが造られたのか?
― ビールが日本にもたらしたのものとは?
― なぜ私たちはビールを飲むのか?


上映を通して日本のビールの歴史を辿ってみてはいかがでしょうか?

『日本の麦酒歴史(ビールヒストリー)』東京上映会

・上映会場
日本百貨店さかば(東京駅・八重洲口GranAge)
  東京都千代田区丸の内1-11-1  パシフィックセンチュリープレイス B1F

・日時
2018年11月13日(火)
第1部 開場 17:30 上映開始 18:00 終了 19:50
第2部 開場 20:00 上映開始 20:10 終了 22:00

※どちらの時間帯も、上映1時間+ビールタイム50分。

・料金
上映会+ビール1杯付き  大人1名 1,500円
  ※追加のビールは 1杯 600円
  ※つまみは広島のスナック類をキャッシュオン

・予約
日本百貨店さかば  03-6206-3533
 ※9日以降はコチラのフォームでも予約可能
   http://lab.informarc.co.jp/beerhistoria/tokyo.html

・お問合せ ビールヒストリー事務局
(ビールスタンド重富)
 電話:050-5436-6305 (留守番電話専用)
mail:sake@sake.jp
8 件

この記事のライター

ビアパレット編集部

ビアパレットの編集部アカウントです。様々な彩のある、 華やかな生活シーンを過ごす皆様に、色々なタイプ(カラー)があるビール情報をお届けします!編集部は日本ビール検定2級、ソムリエ、唎酒師など、お酒の資格を全員が持っています。

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

関係する記事

「ふるさと祭り東京2019」が1月11日~20日に開催されます

新春の恒例のイベントとして大人気の「ふるさと祭り東京2019-日本のまつり・故郷の味-」が20...

600名限定招待!コロナと共に、音楽とサンセットで非日常の喜びを体験しませんか?

カットライムを挿して飲むスタイルで世界中に愛されている「コロナ エキストラ」は、ブランドメッセ...

【随時更新】ビアバーの独自イベントをチェックしよう!

ビアバー独自のイベントが最近多く開催されています。 講座形式でクラフトビールを学べたり、ブルワ...

ヤッホーブルーイングのファンイベント「超宴2018」に行ってきました!

2018年10月27日(土)、東京・お台場で『よなよなエールの超宴2018 ~ビールとオトナの...

銀座のナノブルワリー「BREWIN’BAR 主水」で11月3日・4日にイベント開催

銀座8丁目の静かな場所の地下1階「Brewin‘Bar 主水 monde」でクラフトビールイベ...

Copyright © ビアパレット