ビアパレット

“東洋のビール王“ 馬越恭平の生涯を描いた小説「負けず 小説・東洋のビール王」発売

東洋のビール王と言われる馬越恭平は、1906年に札幌麦酒、日本麦酒、大阪麦酒の3社合同により設立された大日本麦酒株式会社の社長に就任。1933年まで大日本麦酒(株)の社長を務めた。その人生は破天荒なものであったとされています。

公開日:2020年9月7日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小説「負けず 小説・東洋のビール王」とは

 (25475)

「負けず 小説・東洋のビール王」を執筆した端田晶さんは、現在、サッポロビール文化広報顧問、一般社団法人日本ビール文化研究会理事顧問をされています。
この小説は構想10年、執筆期間5年という長い時を経て発売に至りました。

「負けず 小説・東洋のビール王」の執筆者 端田さんの紹介文を転載致します。
馬越恭平は、戦前に七割のシェアを誇った大日本麦酒の創立者として知られていますが、その生涯は想像を超える破天荒なものでした。

自らに課せられた宿命を何度も捻じ曲げ、妻子と別れて単身上京し、世界を股にかける商人という夢を追いかけました。

無資産の三井物産を大商社に育て上げ、ビヤホールを発明してヱビスビールを日本一に導きます。

千六百人の芸者を口説き、第四次伊藤博文内閣を崩壊させ、バドワイザーを創ったアドルファス・ブッシュとも語り合いました。

国会議員や百を超える企業・団体の役員を務めた器の大きさも。

試し読みができます!

現在、幻冬舎ゴールドライフオンライン内にて、8回連載形式で試し読みが公開されています。


公開範囲は「第一章 恭やん」「第二章 若旦那」の二章。
更新日は、9月2日(水)、4日(金)、7日(月)、9日(水)、11日(金)、14日(月)、16日(水)、18(金)の8回。

こちらのURLからご覧いただけます。
https://life.gentosha-go.com/articles/-/2064


購読予約は、アマゾンにて9月2日より予約受付中です。なおアマゾンでの発売日は9月24日です。

https://www.amazon.co.jp/dp/4344930290/ref=sr_1_5?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&dchild=1&keywords=%E8%B2%A0%E3%81%91%E3%81%9A&qid=1598585393&s=books&sr=1-5


書名 『負けず 小説・東洋のビール王』
出版社 発行:幻冬舎メディアコンサルティング 発売:幻冬舎
出版日  2020年9月18日
価格 1,400円(税抜)
6 件

この記事のライター

ビアパレット編集部

ビアパレットの編集部アカウントです。様々な彩のある、華やかな生活シーンを過ごす皆様に、色々なタイプ(カラー)があるビール情報をお届けします!編集部には日本ビール検定2級、ソムリエ、唎酒師など、お酒の資格を全員がもっています。

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

関係する記事

「びあけん顧問」の端田晶氏 TALK SHOW -東洋のビール王 馬越恭平-

「びあけん顧問」の端田晶氏が楽しく語るトークショーが2019年3月16日(土)に東京・神田駿河...

日本独立のために! ゼロから「国産ビール」を作った情熱男の物語 ~ 飲み会で話せる「サッポロビ...

「日本ビール文化研究会理事顧問」の端田 晶氏が講談社のサイトにて『日本独立のために! ゼロから...

びあけん顧問の端田晶氏がNHK『美の壺』に出演! ビールの「色の美」を語ります!

放送がスタートして14年目を迎えるNHKの人気教養番組の「美の壺」にいよいよビールが登場します...

大阪でビアアカデミー「ビールの概念が変わる体験イベント」が開催されます

「びあけん顧問」の端田晶氏が講師を務めるスペシャル ビアアカデミー「ビールの概念が変わる体験イ...

「アメリカのビール史」での4つの秘話(端田晶氏トークショー)

2018年6月13日に行われた、サッポロビール株式会社 文化広報顧問であり日本ビール検定(びあ...

Copyright © ビアパレット