ビアパレット

【ビール苦手女子必見 vol.1】おしゃれで簡単♪ビールカクテル風アレンジ

実はビールはちょっと苦手…でもみんながビールのときに自分だけジュースやワインというのもちょっと…。そんなときに、おすすめなのがビールを使ったカクテル。いつものビールがカクテルになるとお洒落に飲みやすく大変身!ビールを使った5つのおすすめカクテルを紹介します。

公開日:2016年12月20日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

基本のビアカクテルといえば「ビール×レモネード」

ビールの苦味が爽やかなレモンの風味で緩和される、最強のコンビネーション「ビール×レモネード」。

世界中で飲まれているため、パナシェ、シャンディー、ラドラーなど色々な名前で呼ばれています。
既にミックスされた市販の商品もありますが、自宅でも簡単に出来るので、レモネードとビールをお好みの割合で混ぜてどうぞ。

初めて作るときは、同量でミックスがおすすめです。
同系統のカクテルには、レモネードの代わりにジンジャエールやサイダーと混ぜたものもあります。

スウィートな気分のときに飲みたい「ビール×パインジュース」

甘いカクテルが大好きという方に一押しなのが「ビール×パインジュース」。

スペイン語圏では「黄色い砂」を意味する”Arina amarilla(アリーナ アマリーヤ)”と呼ばれているこのカクテル、パイナップルの甘味とビールの苦味のコラボレーションは一度飲むと癖になりそう!

トロピカルな風味の女の子向きビアカクテルです。
食前酒やデザート代わりの食後酒、または休日の午後にオープンエアで楽しむのもいいですね。

「ビール×トマトジュース」で飲んでもヘルシー

レッド・アイとして親しまれている「ビール×トマトジュース」のビアカクテル。

甘いカクテルは苦手という人にもおすすめのさっぱり味です。
ビールを低カロリーのトマトジュースで割るため、最もカロリーが低いカクテルの一つと言われています。

ダイエット中に飲むなら、レッド・アイで決まりですね。
市販のレッドアイにはレモンを入れるとフレッシュ感がアップするのでおすすめです。

お洒落な大人女子を目指すなら「ビール×カンパリ」で決まり

「ビール×カンパリ」はビター系のリキュールとビールの苦味がドッキングした、まさに大人のためのビアカクテル。

いつものビールが、カンパリをちょっと加えただけで、別のお洒落な飲み物に変身してしまうのが驚きです。
自宅で作る場合、ビールの風味を抑えるには200mlのビールに30mlのカンパリの割合がおすすめです。

もう少し苦味をおさえたカクテルがお好みという場合は、オレンジジュースを少し加えて。

「ビール×シャンパン」でラグジュアリー気分に浸る

最後にご紹介するビアカクテルは、エレガントな「ビール×シャンパーニュ」の組み合わせのブラック・ベルベット。

黒ビールとシャンパーニュのハーモニーで作られる、まるでベルベッドのようなきめ細かな泡が魅力のこのカクテル、ちょっと特別な日に思いっきりお洒落をして飲みたいですね。

黒ビールは、スタウト・ビールを使うと、より味に深みが出て本格的に!
17 件

この記事のライター

ビアパレット編集部

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

関係する記事

ホッピーカクテルで女子もニッコリ!

1948年に東京赤坂で販売が開始され、半世紀に渡り支持されている“ホッピー”。割って飲んでこそ...

ビール好きな女子必見!デートでおしゃれにビールが飲めるお店【東京都23区内】

フルーティーなホワイトビールや小さなブルワリーで醸造されたオレンジの香のビールなど、クラフトビ...

2016/12/28

【ビール苦手女子必見 vol.2】えっ?これもビール?飲んでもびっくりなフルーツビールおすすめ5選!

ビールは苦いからあんまり飲めない…。きっとそう感じている方は少なくないはず。そんな方に是非一度...

Copyright © ビアパレット