ビアパレット

イラストレーター TOA氏の新刊『ビール手帳「日本おとりよせビール編」』が発売!

イラストレーターTOA氏が、国内クラフトビール醸造所の中から実際にお取り寄せをして、特におすすめしたいビールを紹介した新刊著書『ビール手帳「日本おとりよせビール編」』が2019年1月24日(木)に発売となりました。新刊の製作エピソードをTOA氏にインタビューしました。

公開日:2019年1月25日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビール手帳「日本おとりよせビール編」とは?

Photo by author (15776)

via Photo by author
国内のクラフトビール醸造所は280以上あるのに、コンビニで見るビールの種類は多くて20種類ほど。
都内だと酒屋さんも多く、様々なビールを手に取る機会がありますが、ビールを楽しむ方法の一つとして「通販」に着目して、なかなか手に取る機会がない方へ「お取り寄せ通販でビールを買えますよ!」という提案をするために製作しました。

通販となると、ビール代で600~800円、送料で1,000円くらいかかってしまいますよね。
お金をかけて、取り寄せる価値のある美味しいビールを選ぶのは、ネットの情報だけでは難しいこと。

そこで、醸造所直販の通販を行っている30社から実際にクラフトビールを取り寄せてみて、特におすすめしたいブルワリーのクラフトビールを紹介しています。紹介するビールは、地域や味のスタイルがばらけるように選びました。

ブルワリーの中でも、人手や機械などの費用の関係で通販はハードルが高いことです。
人手が足りないために宣伝に手が回らないこともあるので、今回の本が販促につながると良いなと思っています。このような本がこれまでにはなかったので、一度つくってみようということで製作しました。

『ビール手帳「日本おとりよせビール編」』は、通販に加えてビールイベントなどで発売予定です。

通販URL:http://beerillustoa.theshop.jp/

手に取ったら4つのポイントに注目してほしい!

Photo by author (15779)

via Photo by author
『ビール手帳「日本おとりよせビール編」』には、いくつかこだわりのポイントがあります。

Point1. 味わいを視覚的にわかるようにイラストで表現
香り ⇒ 味わい ⇒ 後味 の3つを軸に、テイストイメージをイラストで表現しています。

Point2. 醸造所の特徴を2つ紹介
ビールは美味しいけど、醸造所のことはあまり知らない、という方もいるので、造り手がどんな環境で美味しいビールを造っているのかを端的に説明しています。

Point3. 完全にハンドメイド
自分自身で印刷を行い、本を編んで仕上げる完全ハンドメイドの本です。一晩で作れる本の数はどんなに頑張っても10冊程度。
高品質な紙を使用しポケットサイズで製作しています。ビールを飲みながら、ふむふむ、と読んでいくシリーズにしたいと思っています。

Point4. 巻末のQRコードからすぐにビールを購入できる
通販につながるQRコードを載せているので、検討から購入までこの本ですべて完結するように考えています。

ビール手帳「日本おとりよせビール編」製作エピソード

Photo by author (15782)

via Photo by author
ビール手帳「日本おとりよせビール編」を製作するにあたり、協力いただいたブルワリーさんに受け入れてもらえたことがとても嬉しかったです。

このような本を作っていると、ブルワリーさんからお金もらっているの?と言われることがあるのですが、その気持ちは一切なくて、おいしいビールをよりたくさんの方に知って欲しいという一心で製作しています。

本を製作することで、ビールがより一層認知されれば良いなと思っています。

『ビール手帳「日本おとりよせビール編」』概要

著者:イラストレーター TOA
発売日:2019年1月24日(木)
判型:A6版
ページ数:40
価格:780円(税込/送料込)
URL:http://beerillustoa.theshop.jp/

PROFILE 著者:TOA [ 久保沙織 ]

2011年筑波大学芸術専門学群ビジュアルデザイン専攻卒業。「ビールなんて苦くてまずいもの」という考えがベルギーのホワイトエールを飲んだことをきっかけに打ち砕かれ、大学三年生(2010年)からビールの虜となる。YAMAYAで販売されているビールを制覇し、卒業時には自宅で国内外のビールを100本100種類集めた飲み会を開催した。2012年よりビールをテーマにしたイラストレーターとして活動を開始。ビールと人の「架け橋」になる作品作りを目指し、飲食店の黒板・ガラスへのペイント装飾やライブペインティングなどのパフォーマンスを行い、手描きのタッチを活かしたイラストを描く。ベルギー旅行をきっかけにして自費出版した小冊子『ビール手帳ーベルギービール入門編』(2016年)では、ビールの味をイラストで表現する手法を採用。その試みが編集者の目に留まり、2018年6月にKADOKAWAより『恋するクラフトビール』を出版するに至る。クラフトビールの専門店で3年勤務した経験を活かし、ビールに詳しくなることで見失いがちな「初心者の目線」を忘れずに、難しそうなことを伝わりやすく伝えることを意識した表現を心がけている。
13 件

この記事のライター

ビアパレット編集部

ビアパレットの編集部アカウントです。様々な彩のある、 華やかな生活シーンを過ごす皆様に、色々なタイプ(カラー)があるビール情報をお届けします!編集部は日本ビール検定2級、ソムリエ、唎酒師など、お酒の資格を全員が持っています。

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

関係する記事

バーボン樽で熟成した「GOOSE ISLAND」シリーズの希少ビールが日本上陸

シカゴ発の人気クラフトビール「GOOSE ISLAND (グースアイランド)」は、本国アメリカ...

【YONA YONA BEER WORKS新虎通り店】東京のマラソンランナー応援プランが販売!

株式会社ワンダーテーブルは、よなよなエール公式ビアレストラン『YONA YONA BEER W...

ヤッホーブルーイングから樽熟成ビール『バレルフカミダス』が発売!

株式会社ヤッホーブルーイングは、木樽で熟成させたクラフトビールシリーズの新製品として『バレル...

「Tap Marché(タップ・マルシェ)」に近畿圏限定ビールが登場!

「Tap Marché(タップ・マルシェ)」で取り扱うブランドに、新たに近畿圏限定で2019年...

Copyright © ビアパレット