ビアパレット

「東京隅田川ブルーイング」の輝く黄金色のエールビールが発売

アサヒビール株式会社は、『TOKYO隅田川ブルーイング ゴールデンエール』の樽生を2018年6月5日(火)に新発売しました。また、同日に同商品の缶350ml・500mlを首都圏エリアのコンビニエンスストアにおいて数量限定です。

公開日:2018年6月15日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOKYO隅田川ブルーイング ゴールデンエール

 (10990)

 

『TOKYO隅田川ブルーイング ゴールデンエール』は、上面発酵酵母を採用し、華やかなコクと爽やかな後味をお楽しみいただけるエールビールです。

北米産のシトラホップを一部使用し、爽やかな後味が印象的です。

同商品は、「TOKYO隅田川ブルーイング」の醸造家が、お客様と対話を重ね、レシピを開発しました。そのレシピをもとにアサヒビール㈱が製造・販売します。

樽生は全国発売、350ml缶と500ml缶は、

・数量限定
・業態限定
・地域限定
・期間限定

と今だけしか飲めないビールです!
 (10995)

東京第一号の地ビール 「隅田川ブルーイング」

gettyimages (10994)

アサヒビール㈱(株)は1994年、クラフトビール製造会社「株式会社隅田川ブルーイング」を新設しました。同市場へ参入を目指す小規模ビール事業者約40社の支援を行いました。クラフトビール事業の経営や技術ノウハウの蓄積、直営飲食店を活用した情報発信の他、様々なタイプのビールを提供することにより、ビール文化を広く一般に伝えていく取り組みを行ってきました。創設以来、約150種類のレシピを開発しています。

醸造設備は墨田区吾妻橋の本社ビルに隣接する飲食店ビルの2階と3階に、1回1klの仕込みが可能な釜と発酵貯酒タンク9本を設置し、できたてのビールを1995年から直営の飲食店で提供しました。これが、東京で初めて製造・販売された地ビールです。

また、2017年9月からの展開拡大に伴い、茨城県のアサヒビール(株)茨城工場内にマイクロブルワリーを新設し、醸造設備の拡充を図りました。

商品詳細

・商品名
 TOKYO隅田川ブルーイング ゴールデンエール

・品目
 ビール

・発売品種
 樽詰10L、缶:350ml・500ml

・アルコール分
 5%

・原材料
 麦芽、ホップ

・発売日
  2018年6月5日(火)発売

・発売地域
 樽:全国
 缶:首都圏エリアのコンビニエンスストア

・ブランドサイト
 https://www.asahibeer.co.jp/speciality_tsb/
9 件

この記事のライター

ビアパレット編集部

ビアパレットの編集部アカウントです。様々な彩のある、華やかな生活シーンを過ごす皆様に、色々なタイプ(カラー)があるビール情報をお届けします!編集部には日本ビール検定2級、ソムリエ、唎酒師など、お酒の資格を全員がもっています。

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

関係する記事

BREWBASEからNew England Sweet Stout IPAの『Chocolat...

BREWBASEは、これまで主にNew England IPAのスタイルをべースに新作を発表し...

『紅葉祭り(もみじまつり)』現存する日本最古のビヤホールに秋が訪れる!

株式会社サッポロライオンは、ビヤホールライオン 銀座七丁目店にて2019年9月17日(火)から...

ラグビーフェア開催!ドイツビールを楽しもう

海外ビール・ワインの輸入販売、飲食運営を行う株式会社ザート商会が運営する、ドイツビール・ドイツ...

肉vs. 肉!今年の秋も「肉フェス 国営昭和記念公園 2019」で楽しもう!

2019年10月18日(金)〜10月27日(日)<10日間>、今年も国営昭和記念公園(立川市)...

サンクトガーレン、山梨“かいこがね”ホップ使用ビール「FRESH HOP IPA」を発売

神奈川のクラフトビールメーカー、サンクトガーレンは今年8月に山梨県北杜市で収穫した“かいこがね...

Copyright © ビアパレット