ビアパレット

ブルワリー訪問レポート 静岡【AOI BREWING/アオイ ブリューイング】

静岡市内唯一のブルワリー「AOI BREWING(アオイ ブリューイング)」の訪問レポート。地元の方々に愛されるブルワリーの様子をお届けします!

公開日:2018年11月21日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

地域に根ざした 地元の方々に愛されるブルワリー

 (3040)

静岡県の県庁所在地である静岡市に住んでいる人は誰もが知っている静岡浅間(せんげん)神社。
地元の人からは「せんげんさん」と呼ばれ広く市民に親しまれている神社です。

この歴史のある静岡浅間神社の門前のすぐそばに、落ち着いた雰囲気でたたずむのが、静岡市内唯一のブルワリー「AOI BREWING」(以下、アオイ ブリューイング)です。

2014年に醸造を始めた新しいブルワリーと併設するビアレストランが、周囲の景色にしっくりと溶け込んでいます。

今回は、ビアパレット編集部メンバーの一人がブルワリーの「アオイ ブリューイング」と、併設したビアレストランの「BEER GARAGE」(ビアガラージ)に お邪魔してお話しを伺って参りました。

お話は、「アオイ ブリューイング」の福島マネージャ―から伺いました。
Photo by author (3069)

via Photo by author
ご覧のようにとても趣のある外観です。

「このブルワリーの場所は、もともと古くから醤油の製造をしていた醸造所の倉庫として使われていた場所です。
いまから37年前に閉鎖されて以来、使われていなかった建物でした。

『壊すのは簡単だけどしのびない。リノベーションして何か活用できないか。』と考えられている時に、ブルワリーの開設場所を探していたアオイブリューイングのオーナーに紹介があり、歴史のある場所でできるならと即決だったと聞いています」と応対して頂いた福島さん。
AOI BREWING (3075)

via AOI BREWING
左側:AOI BREWING 福島マネージャー
右側:BEER GARAGE 山本店長(後程ご登場いただきます。)

「アオイ ブリューイング」誕生秘話

オーナーの満藤氏が、仕事の関係で静岡に住むことになり、しばらくたったある時、「チェリービーンズ」というハンバーガーが美味しい飲食店経営を引き継ぐことになりました。

ビール好きということもあり、このお店で様々なビールを提供するようになっていきお店も繁盛、
その後、2店舗目となる「グローストック」というビールの樽が8種類、ボトルが100種類飲めるお店をオープンさせました。

この頃、ホワイトビールが大好きなオーナーがドイツビールで有名な『エルディンガー』が静岡では飲めないことや、香港に行った際に、『クローネンブルグ ブラン』という日本に未入荷の樽生のビールを飲んでその美味しさに感激し、「日本に無いのならば自分で作ってしまおう」と思ったことがビール醸造のきっかけとなっており、その想いが高まり「アオイ ブリューイング」を開設したのだそうです。

アオイ ブリューイングの「地元『静岡』に対するこだわり」

静岡県中部地区はサッポロビールの焼津工場があることから、比較的ビールを好む方が多いエリアです。

いま、クラフトビールの人気が高まっている中、静岡においても徐々にクラフトビールの認知度が高まってきています。

まず「アオイ ブリューイング」の「アオイ」について。

これはまさしく徳川家の家紋の「葵」からとられたものです。

静岡市は徳川家康とゆかりのある場所が数多くあります。

壮年、晩年期に自身の居としていた「駿府城」、家康のお墓がある「久能山東照宮」などなど。

それにともない、2005年に静岡市が政令指定都市となった際に、アオイ ブリューイングがある地域一帯は「静岡市葵区」と名付けられました。

「葵」へのこだわりはまだまだあり、アオイ ブリューイングのオリジナルビールグラスにも「葵」の御紋がプリントされています。

どうしても「葵」にこだわりたく、使用許可を取って使用しているとのことです。
 (3082)

アオイ ブリューイングの「ビールへのこだわり」

福島さんにアオイ ブリューイングのビールへのこだわりを伺いました。

訪問時(2017年1月下旬)のアオイ ブリューイングの定番ビールは4種類。
その中の一番人気は「zen-infused OCHA ALE(お茶エール)」だそうです。

言わずと知れた、静岡県はお茶の産地。

アオイ ブリューイングのお茶エールは掛川産の深蒸し茶を使用しており、お茶エールは、掛川のお茶メーカー㈱山英の専務さんがアオイ ブリューイングのオーナーに声をかけたことによって生まれました。
Photo by author (14997)

via Photo by author
36 件

この記事のライター

ビアパレット編集部

ビアパレットの編集部アカウントです。様々な彩のある、 華やかな生活シーンを過ごす皆様に、色々なタイプ(カラー)があるビール情報をお届けします!編集部は日本ビール検定2級、ソムリエ、唎酒師など、お酒の資格を全員が持っています。

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

関係する記事

地域限定ビールを楽しもう! こだまで各駅停車の旅

新幹線こだまに乗って各駅停車で東京へ…。のぞみなら通過する駅に止まりながら静岡限定ビールを楽し...

2017/8/17

静岡市でクラフトビールとウイスキーを同時に楽しめるイベント開催します【2017年7月23日】

2017年7月23日(日)にJR東静岡駅近くで「静岡クラフトビール&ウイスキーフェア2017」...

まだまだ寒い季節☆ひとりでゆっくり飲みたくなるビール

寒い冬、あたたかい家でゆっくりとお酒を飲みたい方も多いはず!冬にぴったりな濃厚な味わいのビール...

2017/2/13

苦いけど美味しい!癖になるビール

ビールの美味しさといえば、喉越しと苦味ですよね!コンビニなどで売られているビールも美味しいです...

2017/1/30

NIPPONビール紀行 ~北海道編~

北海道で人気のブリュワリー(醸造所)と、ブリュワリー自慢のビールをご紹介します。それぞれの会社...

2016/12/22

Copyright © ビアパレット