ビアパレット

宮崎ひでじビール単独イベント ― 世界最高賞受賞の「栗黒」開発秘話編―

2017年11月1日に宮崎ひでじビールが「クラフトビールで地方創生」を切り口としたイベントを東京・大手町で行いました。今回はイベントで語られた、世界最高賞を受賞した「栗黒」の開発秘話をお届けします!

公開日:2017年12月13日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京初!宮崎ひでじビール単独イベント開催

Photo by author (9138)

via Photo by author
2017年11月1日に東京・大手町で宮崎ひでじビールが東京では初となる単独イベントを開催しました。

●第1部…講演会18:30〜20:00
『地域資源を活かしたチャレンジスピリッツ。オール宮崎で世界に挑む!』

●第2部…試飲会&交流会 20:10〜21:30
『ひでじビールと宮崎フードを楽しむ会』

第1部では、ひでじビールの歴史から、地域資源を活かした商品開発など、いくつかのテーマで宮崎ひでじビールの永野社長が講演してくださいましたが、今回は、その中でお話しされた宮崎ひでじビールでいま最も注目されているビールと言っても過言ではない「栗黒(くりくろ)」開発秘話をピックアップしてご紹介します!

栗黒(くりくろ)とはどんなビール!?

宮崎ひでじビール (9141)

via 宮崎ひでじビール
「栗黒」は、ひでじビールの輸出用ビールで、イギリス・ロンドンで開催されたワールド・ビア・アワード2017において、世界最高賞となる「ワールドベスト・スタウト&ポーター」に輝きました。

日本のビールがワールドベストに輝いたのは2013年以来4年ぶり、2例目となる快挙です!

宮崎ひでじビールの海外輸出の方向性

thinkstock (9145)

日本において少子高齢化・人口減少が目の前に迫っているなかで市場縮小は避けられません。
そのような状況の中、宮崎ひでじビールは「偏った市場集中の回避」や、海外輸出をすることによる「国内市場におけるブランド力の強化」、「県内・市内企業への刺激」をねらい、海外輸出を行っています。

海外輸出事業では、高級レストラン・ホテル・バーなど、富裕層をターゲットとすることを決意しており、『その国で一番高いビール』を目指し、2016年6月に台湾に初めて輸出を開始しました。

北米・シアトル向けの商品開発のはじまり

海外輸出は、2013年に北米・シアトルでも展開のオファーがありましたが、現地の希望販売価格と折り合いがつかず、何度も交渉は決裂してしまいます・・・。

現地ではビールがとても安いので、富裕層をターゲットとした価格はなかなか受け入れてもらえなかったのです。
2年ほどやりとりを行い、永野氏はついに「宮崎ひでじビールが提案する販売価格で納得してもらえるようなスペックのビールをつくろう!」と決意します。

そうした提案を打診したところ、現地から4つのリクエストが来ます。

①アルコール度数が高いこと
②フルボディ味の深いビールであること
③日本特有の原料を使うこと
④日本らしいパッケージであること

宮崎ひでじビールは、これら4つのリクエストをかなえたビールをつくり、アメリカへ送りました。
栗黒は、9%というビールとしては高いアルコール度数で、「スタウト」と呼ばれるビアスタイルの濃厚な黒ビール。さらに、宮崎県産の「栗」を副原料に用いています。ラベルは延岡の文化財である「内藤家旧蔵の能面」をモチーフにした和風のデザインです。

4つの項目をすべてクリアし、現在ではアメリカの18の州で販売されています。しかし、現地でも探すのが大変なくらい、流通は少ないのが現状です。

【販売している州】
ワシントン州、オレゴン州、カリフォルニア州、ネバダ州、アリゾナ州、コロラド州 ニューメキシコ州、ミネソタ州、イリノイ州、ルイジアナ州、フロリダ州、ジョージア州 ノースカロライナ州、ワシントンDC、バージニア州、メリーランド州、ニューヨーク州、ニュージャージー州

ワールド・ビア・アワード(WBA)2017受賞

 (9150)

栗黒が受賞した賞は「ワールド・ビア・アワード(WBA)2017」。
ビールの本場であるイギリスで毎年一度開催されるビールの世界的コンペティションです。
世界中から出品されたビールは8カテゴリーに大分類され、さらにカテゴリーごとに設けられたスタイルに小分類されて審査が行われます。

審査はすべてブラインドテイスティング(銘柄を伝えずに行うテイスティング方法)で行われ、合計3回のラウンドを行い、最終的に8つ設けられたカテゴリーそれぞれにおいて世界の頂点を決めます。

栗黒は、「スタウト&ポーター部門」で総合世界一に輝きました!

北米輸出限定ビールということで日本では販売されていないビールのため、「今後の国内外での流通につきましては現在協議中」とのことです。
世界でトップに輝いた「栗黒」、日本でも飲めるようになると良いですね!

イベン概要

16 件

この記事のライター

ビアパレット編集部

ビアパレットの編集部アカウントです。様々な彩のある、 華やかな生活シーンを過ごす皆様に、色々なタイプ(カラー)があるビール情報をお届けします!編集部は日本ビール検定2級、ソムリエ、唎酒師など、お酒の資格を全員が持っています。

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

関係する記事

Copyright © ビアパレット