ビアパレット

セリス醸造所「セリス・グランクリュ」が日本初上陸!

EVER BREW株式会社からアメリカ、オースティンのセリス醸造所の新商品である「セリス・グランクリュ」を2019年5月28日から日本で初めて販売されました。

公開日:2019年6月2日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新商品「セリス・グランクリュ」が日本で初めて販売!

 (17486)

セリス醸造所(アメリカ、オースティン)は、ベルギーより渡米した「ヒューガルデン・ホワイト」の生みの親、故ピエール・セリスによって1992年に設立された後、醸造所の売却に伴い2001年に一旦閉鎖されました。

その後、ピエールの意志を継ぎ、娘のクリスティーヌが孫娘のデイトナ(醸造を担当)とともにセリス・ブルワリーをテキサス・オースティンに17年ぶりに復活した後、「セリス・ホワイト」を始めとする各種ビールを発表しています。

今回は、新商品である「セリス・グランクリュ」を2019年5月28日に日本で初めて販売を開始しました。

「セリス・グランクリュ」とはどんなビール?

 (17487)

今回、新発売となる「セリス・グランクリュ」は、ピエール・セリスによって1967年にベルギーのヒューガルデン村で発表されたものと同じレシピを使用した伝統的なベルギーのトリプルスタイルです。

このビールは、初代のセリス醸造所で1992年に一度発売され、瞬く間に世界中のビール愛好家を虜にし、ワールド・ビアカップでは銀メダルを、グレート・アメリカン・ビアフェスティバルでは金メダルを受賞しています。

「セリス・グランクリュ」は、オリジナルのレシピに従い、ペールモルトを使用し、ホップにはサーズとカスケードを、酵母は1965年からセリス・ホワイトに使用されているものを使っています。

舌ざわりが良く滑らかなボディで、モルトや果物の香りの中に微かな甘みが感じられ、ドライなフィニッシュのビールに仕上がっています。

8.6%と比較的度数が高いですが、アルコールを感じさせない、非常にバランスの取れたビールです。


「セリス・グランクリュ」を美味しく味わうために、

●グラスはチューリップ型グラス
●飲むときの適温は5~8度

を推奨しています。

商品概要

商品名:セリス・グランクリュ

アルコール度数: 8.6%

内容量:355ml缶

原産国:アメリカ

原材料:麦芽、とうもろこし、砂糖、ホップ、オレンジ、コリアンダー

発売日:2019年5月28日
8 件

この記事のライター

ビアパレット編集部

ビアパレットの編集部アカウントです。様々な彩のある、華やかな生活シーンを過ごす皆様に、色々なタイプ(カラー)があるビール情報をお届けします!編集部には日本ビール検定2級、ソムリエ、唎酒師など、お酒の資格を全員がもっています。

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

関係する記事

BREWBASEからNew England Sweet Stout IPAの『Chocolat...

BREWBASEは、これまで主にNew England IPAのスタイルをべースに新作を発表し...

アウトドアブランドのパタゴニアからビールが楽しめるギフトボックスが発売!

アウトドア企業のパタゴニア・インターナショナル・インク日本支社は、食品事業「パタゴニア プロビ...

夢実現!好きなクラフトビールを自分で好きなだけ注げる大人の遊び場「EXBAR TOKYO」が銀...

JR新橋駅東口から銀座コリドー街を有楽町駅に向かって徒歩3分程の場所に、株式会社タイトーが手掛...

ビールを片手に英国気分を味わおう!

2019年10月30日(水)~11月4日(月)に伊勢丹新宿店 本館にて「英国展」が開催が開催します。

サンクトガーレン、山梨の“訳あり”桃をビールを活用した「7種の桃のエール」 を発売

サンクトガーレン有限会社は、2019年10月4日(金)より、山梨の“訳あり”桃を使用したビール...

Copyright © ビアパレット