ビアパレット

ビアフェスティバル&ビールの審査会「ビアワングランプリ2018」レポート

2018年2月18日(日)に東京都墨田区 すみだ産業会館イベントホールにて、「ビアワングランプリ2018フェスティバル~Japan Craft Beer Selection Award」が開催されました。熱気あふれたイベントの様子をレポートします!

公開日:2018年2月21日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビールイベント「ビアワングランプリ2018フェスティバル~Japan Craft Beer Selection Award」とは?

Photo by author (9812)

via Photo by author
NPO法人 日本の地ビールを支援する会(東京都北区、代表理事 青木辰男氏)が主催するビアフェスティバルです。日々クラフトビールを取扱う専門店を始めとした複数のビールのプロ(メーカーを除く)が、「クオリティ」「手作りであること」といった客観的基準で他薦した、日本各地のクラフトビールブルワリー36社、84銘柄のビールがノーミネートされました。

このイベントはビアフェスティバルでありながら、一方、ビールの専門家によるビアジャッジ(世界基準のガイドラインに基づく官能評価による審査会)と一般来場者による投票から、ニッポン№1クラフトビール「ビアワングランプリ」が決定するビアフェスティバルです。

ビール専門家による「ビアジャッジ」の様子

Photo by author (9815)

via Photo by author
ビール専門家による「ビアジャッジ」は、一般の方が入場する前の12時から開催されました。
ビアジャッジに参加した審査員は合計27名。

審査にエントリーされた職人技のクラフトビールの樽は会場内にカテゴリー別に配置され、ジャッジするタイミングでサービングされ審査員のもとに運ばれます。審査員の方々は、数名毎に8グループに分かれて担当カテゴリーのクラフトビールを審査します。1回に運ばれてくるビールは1品。1つのビール審査時間は2分程。

約2時間にも及ぶ審査会はシーンと張りつめた緊張感の中、審査員の方々は、ビールのカラーや香味の確認、そして少しずつ口に含んで味覚のチェック。スコアシートにそれぞれのビールの評価を記載して審査をされていました。
(※審査されるビールはビアスタイルのみ伝えられたうえで提供されます。)

「ビアワングランプリ」スタート

Photo by author (9818)

via Photo by author
12時から開催されている「ビアジャッジ」が継続されている中、13時からの一般先行入場がはじまりました。この時を待っていたクラフトビール好きな方々が、続々と会場に入場し、お目当ての職人技のクラフトビール目指して小走りで向かっています!14時からは一般の来場者の入場も始まり、会場はあっという間にクラフトビールファンで埋め尽くされました。

今回のビアワングランプリの開催時間は14時~18時。この時間内であれば、出品された約80種類のクラフトビールが飲み放題になるとてもお得なイベントです。
(但し、飲みすぎには要注意です。)

取材にお伺いしたビアパレット編集部も前売券を購入していましたので、ここからは来場者の方々に混ざってビアワンフェスティバルに参加です。
約80銘柄以上も出品されていると、何を飲んで良いか迷ってしまいます・・・

約80銘柄は8つの部門別に分類されています。
A:ウィートビール部門(エントリー数11)
B:フレーバー&スペシャリティ部門(エントリー数10)
C:ライトカラーラガー部門(エントリー数9)
D:ライトカラーエール部門(エントリー数13)
E:IPA部門(エントリー数10)
F:ダークカラービール部門(エントリー数10)
G:スタウト&ポーター部門(エントリー数11)
H:ストロングビール部門(エントリー数8)
Photo by author (9820)

via Photo by author
会場内ではセミナーも開催しています。事前申し込みをした方限定ですが、会場内で開催されているセミナーにも参加できます。今年は、2つのセミナーが開催されていました。限定20名様の貴重なセミナーです!

a.「すみだの職人が造るグラス~グラスを変えると、こんなにも違いが!?セミナーで体験!!」
b.「ベアードビール これまでの軌跡とグローバルに展開するこれから」

「ビアワングランプリ2018フェスティバル」の 審査結果は・・・!

ビアジャッジによる審査結果と、来場者による投票が加算され、審査結果が発表されました。
各部門別の1位の結果は・・・

【ウィートビール部門】
松江ビアへるん ヴァイツェン
(島根県松江市、島根ビール㈱)

【フレーバー&スペシャリティービール部門】
宮崎ひでじビール 宮崎日向夏ラガー
(宮崎県延岡市、宮崎ひでじビール㈱)

【ライトカラーラガー部門】
梅錦ビール ピルスナー
(愛媛県 四国中央市、梅錦山川㈱)

【ライトカラーエール部門】
のぼりべつ地ビール 鬼伝説 金鬼SSSペールエール シトラVer.
(北海道 登別市、㈱ わかさいも本舗)

【IPA部門】
伊勢角屋麦酒 Neko Nihiki
(三重県 伊勢市、㈲二軒茶屋餅角屋本店)

【ダークカラービール部門】
ボイジャーブルーイング コッパー
(和歌山県 田辺市、ボイジャーブルーイング㈱)

【スタウト&ポーター部門】
飛騨高山麦酒 スタウト
(岐阜県 高山市、㈲農業法人 飛騨高山麦酒)

【ストロングビール部門】
アウトサイダーブルーイング ピットブルバーレーワイン
(山梨県 甲府市、アウトサイダーブルーイング)

部門別の1位が発表されたあとに、出品された全てのビールの中から NO.1 となる 2018年のビアワングランプリが発表されました。

ビアワングランプリ2018は・・・


アウトサイダーブルーイング ピットブルバーレーワイン(山梨県 甲府市、アウトサイダーブルーイング)

が受賞されました!!


アウトサイダーブルーイングさんは、2年連続の受賞。快挙です!
Photo by author (9824)

via Photo by author
【イベント開催詳細】

・開催期間: 2018.2.18(日) 14:00~18:00
・開催場所: すみだ産業会館イベントホール
・アクセス: JR「錦糸町駅」南口 徒歩1分、東京メトロ半蔵門線「錦糸町駅」出口1徒歩約5分
・入場料:前売4,500円(税込) ※入場チケットで出品ビール飲み放題、フードは別売
・入場制限:約800名

■ 『ビアワングランプリ』公式ウェブサイト
http://beer1grandprix.craftbeersupport.org/

■公式facebook ページ
https://www.facebook.com/japancraftbeersupport
15 件

この記事のライター

ビアパレット編集部

ビアパレットの編集部アカウントです。様々な彩のある、 華やかな生活シーンを過ごす皆様に、色々なタイプ(カラー)があるビール情報をお届けします!編集部は日本ビール検定2級、ソムリエ、唎酒師など、お酒の資格を全員が持っています。

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

関係する記事

2月18日「ビアワングランプリフェスティバル2018」が開催されます

2018年2月18日(日)に錦糸町にて国内実力派クラフトビールのグランプリを決定するイベント「...

今年はなんと2日間。静岡クラフトビール&ウイスキーフェアが開催

2018年7月28日(土)~29日(日)に静岡市民文化会館にて「静岡クラフトビール&ウイスキー...

鳥取県でビールイベント「地BeerFest大山」が開催!

2018年6月9日(土)~10日(日)に、鳥取県 正面大山高原リゾートにてクラフトビールイベン...

ヒューガルデンによるファーマーズマーケットが 6/9(土)・10(日)に渋谷で開催

世界を魅了したベルギーホワイト「ヒューガルデン」は 、週末限定のファーマーズマーケット「FAR...

東京がビールで溢れる!東京ビアウィーク2018 開催(6/2~6/17)

2018年6月2日(土)から 6月17日(日)までの16日間、都圏各地で多数のイベントに出会え...

Copyright © ビアパレット