ビアパレット

「TOKYO隅田川ブルーイング」ブランドの缶ビールが数量限定発売

アサヒビール株式会社は、こだわりや個性を感じられる商品に対するお客様ニーズの高まりに合わせて『TOKYO隅田川ブルーイング ゴールデンエール』、『TOKYO隅田川ブルーイング ペールエール』の缶350mlを、コンビニエンスストア業態を中心に、2018年11月6日(火)から数量限定で発売します。

公開日:2018年11月5日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOKYO隅田川ブルーイング ゴールデンエール

 (14623)

『TOKYO隅田川ブルーイング ゴールデンエール』は、上面発酵酵母を採用し、華やかなコクと爽やかな後味をお楽しみいただけるエールビールです。

北米産のシトラホップを一部使用することで、爽やかな後味を実現しました。

TOKYO隅田川ブルーイング ペールエール

 (14627)

『TOKYO隅田川ブルーイング ペールエール』は、“ホップの爽やかな香りと心地良い苦味”をお楽しみいただけるエールビ ールです。

香り付けに2種のアロマホップを使用すると共に、200年以上の歴史を持つ英国伝統のホップ品種「ケント・ゴールディング」を一部使用し、引き締まった心地良い苦味を実現しました。

また、上面発酵酵母を採用し、豊かなコクと香りをお楽しみいただけます。

「TOKYO隅田川ブルーイング」とは?

「TOKYO隅田川ブルーイング」ブランドは、2017年9月から東京23区内の飲食店を中心に3品種の樽詰商品の発売を開始しました。

“醸造家とお客様の対話から生まれた、ビールの楽しさを広げるスペシャリティビール”の第一弾として、『TOKYO隅田川ブルーイング ゴールデンエール』を2018年6月5日に発売しました。

第二弾として、『TOKYO隅田川ブルーイング ペールエール』と『TOKYO隅田川ブルーイング 琥珀の時間』を8月28日発売し、国内大手ブランドが提供するピルスナータイプにはない魅力を発信し、ビール市場の活性化を図っています。

東京第一号の地ビール

アサヒビール㈱は1994年、クラフトビール製造会社「株式会社隅田川ブルーイング」を新設しました。クラフトビール事業の経営や技術ノウハウの蓄積、直営飲食店を活用した情報発信の他、様々なタイプのビールを提供することにより、ビール文化を広く一般に伝えていく取り組みを行ってきました。創設以来、約150種類のレシピを開発しています。

醸造設備は墨田区吾妻橋の本社ビルに隣接する飲食店ビルの2階と3階に、1回1klの仕込みが可能な釜と発酵貯酒タンク9本を設置し、できたてのビールを1995年から直営の飲食店で提供しました。これが、東京で初めて製造・販売された地ビールです。

また、2017年9月からの展開拡大に伴い、茨城県のアサヒビール㈱茨城工場内にマイクロブルワリーを新設し、醸造設備の拡充を図りました。
10 件

この記事のライター

ビアパレット編集部

ビアパレットの編集部アカウントです。様々な彩のある、 華やかな生活シーンを過ごす皆様に、色々なタイプ(カラー)があるビール情報をお届けします!編集部は日本ビール検定2級、ソムリエ、唎酒師など、お酒の資格を全員が持っています。

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

関係する記事

ブリュードックから「インディー ペールエール」が登場

株式会社 ウィスク・イーから、ずっと飲んでいられるような飽きの来ないペールエールが2018年1...

季節限定のKonaコーヒーを使ったビールが発売!

ハワイNO.1のクラフトビールメーカー“コナビール”から季節限定の100%Konaコーヒーを使...

冬限定の新ジャンル「クリアアサヒ クリアレッド」が11月20日に新発売!

アサヒビール株式会社は、冬限定の新ジャンル『クリアアサヒ クリアレッド』を2018年11月20...

最近、巷で話題になっているクラフトビール「ビアバー」でエンジョイしよう!

最近、ある「ビアバー」が巷で話題になっていますね。ビアバーに行くと見たことも聞いたこともない暗...

10問の質問に答えておすすめクラフトビールを教えてもらおう!

AIを活用し、好みに合ったクラフトビールをナビゲーションするサービス「ビアナビ」を、キリンシテ...

Copyright © ビアパレット