ビアパレット

地域を応援するクラフトビール「FARM to SVB」シリーズ第二弾!

スプリングバレーブルワリー株式会社(以下SVB)は、ハスカップ独特の甘みや酸味と鮮やかな赤色が特長のフルーツビールタイプ「北海道厚真町産 ハスカップ」を8月10日(土)から数量限定でSVB東京にて提供を開始します。また「北海道厚真町産 ハスカップ」1杯につき10円と、同商品提供期間中にSVB東京に募金箱を設置し、集まった金額の合計を「北海道胆振東部地震」の復興支援として厚真町に寄付をする予定です。

公開日:2019年8月12日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FARM to SVB

 (19208)

2019年、スプリングバレーブルワリー株式会社(以下SVB)の取り組みテーマ個性あふれるモノづくりを通じて、人と人をつないでいくことで、人の心を豊かにするとともに、社会を少しずつ良くするきっかけとなる「場」を創るブルワリーを指す「SOCIAL BREWERY」。

その活動の一つとして位置付ける「FARM to SVB」では、日本各地にある特長的なフルーツや野菜などの素材を商品開発に生かし、年間を通じて情報発信拠点であるSVB東京の限定商品として発売します。

今回発売する「北海道厚真町産 ハスカップ」は、厚真町のハスカップを使用した「FARM to SVB」シリーズ第二弾の商品です。

ハスカップのクラフトビール

 (19214)

(左)SVB東京 ヘッドブリュワー 古川氏
(中)土居ハスカップ農園 土居氏
(右)SVB マスターブリュワー 田山氏
厚真町は、ハスカップの栽培面積が国内一位であることから「日本一のハスカップタウン」と呼ばれています。

ハスカップは、全長2cm、直径1cm弱の薄い紫色の皮にルビー色の果肉が包まれた果実です。表面の皮が薄く、繊細な果実のため、手摘みで収穫することが多く、成る樹によって形や味が異なります。

今回、SVB東京ヘッドブリュワー古川とキリンビール北海道統括本部およびキリンビール千歳工場の有志が厚真町にある「土居ハスカップ農園」を訪問し、商品づくりで使用する分のハスカップを収穫しました。

生産者の土居元氏からハスカップの栽培方法や味覚、特長について直接聞き、商品づくりのヒントを得ました。「北海道厚真町産 ハスカップ」は旬のハスカップを使用することで、独特の甘みや酸味が夏の時期に爽やかに味わえて、鮮やかな赤色も目で見て楽しめる一品です。

商品概要

商品名:「北海道厚真町産 ハスカップ」
原材料:大麦麦芽、小麦麦芽、ホップ、ハスカップ
発売日 :2019年8月10日(土)
アルコール分:5.%
種別:発泡酒
ブリュワー:古川 淳一(SVB東京 ヘッドブリュワー)
提供場所:SVB東京
容量:レギュラーサイズ(360ml)
製造場所:スプリングバレーブルワリー東京
9 件

この記事のライター

ビアパレット編集部

ビアパレットの編集部アカウントです。様々な彩のある、華やかな生活シーンを過ごす皆様に、色々なタイプ(カラー)があるビール情報をお届けします!編集部には日本ビール検定2級、ソムリエ、唎酒師など、お酒の資格を全員がもっています。

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

関係する記事

BREWBASEからNew England Sweet Stout IPAの『Chocolat...

BREWBASEは、これまで主にNew England IPAのスタイルをべースに新作を発表し...

ビールを片手に英国気分を味わおう!

2019年10月30日(水)~11月4日(月)に伊勢丹新宿店 本館にて「英国展」が開催が開催します。

サンクトガーレン、山梨の“訳あり”桃をビールを活用した「7種の桃のエール」 を発売

サンクトガーレン有限会社は、2019年10月4日(金)より、山梨の“訳あり”桃を使用したビール...

ブリュードッグから伝統と革新が融合した新定番ピルスナー「ロストラガー」が登場!

(株)ウィスク・イーが2019年9月25日(水)に、新定番ピルスナー「ロストラガー」が発売。

『紅葉祭り(もみじまつり)』現存する日本最古のビヤホールに秋が訪れる!

株式会社サッポロライオンは、ビヤホールライオン 銀座七丁目店にて2019年9月17日(火)から...

Copyright © ビアパレット