2022-05-17

ヤッホーブルーイングが「定時退社協会」を設立 – ビアパレット

via ヤッホーブルーイング

「定時退社協会」の設立趣旨と目的は?

via ヤッホーブルーイング

「定時退社協会」って? (以下、ニュースリリースより引用)ヤッホーブルーイングは、日本におけるクラフトビール文化の普及を目指しています。この度、より多くの方々が楽しく幸せな気持ちでクラフトビールを楽しめるよう、その環境づくりの一環として定時に退社することを推進する「定時退社協会」を設立いたしました。円滑な定時退社を遂行するために独自開発した「定時退社訓練」を中心とした取り組みを通じて、定時退社という考え方や、働き方を見直す機会を提供します。過重労働や残業過多が社会問題となる日本で、プレミアムフライデーやノー残業デーではない日も早く帰れる夜をふやし、一人でも多くの方が自由にビールを楽しめる社会づくりに貢献してまいります。

定時退社訓練って?

via ヤッホーブルーイング

定時退社訓練とは、働く社会人の「帰りたくても帰れない」気持ちに応え、その課題の克服と定時退社の実践に寄与すべく、当協会が独自に開発した世界初*の訓練です。
(※当協会調べ)

定時退社訓練とは、働く社会人の「帰りたくても帰れない」気持ちに応え、その課題の克服と定時退社の実践に寄与すべく、当協会が独自に開発した世界初*の訓練です。 (※当協会調べ)

via ヤッホーブルーイング

協会理事長からのご挨拶「早く帰れる夜をふやそう」

via ヤッホーブルーイング

定時退社協会理事長 井手直行 (株式会社ヤッホーブルーイング代表取締役社長)より -当協会は健全で文化的な定時退社の普及と地位向上を目的として設立された団体です。定時退社の可能性を広げる「定時退社訓練」の実施、正しい定時退社知識の啓蒙等の活動を通じて働く人々の「早く帰れる夜」の増進に努めたいと考えます。 背景には、高度経済成長期の終焉、長引く不況、少子高齢化、プレミアムフライデーの登場、東京オリンピックの開催決定など目まぐるしく変化する日本の労働環境があります。そのような社会情勢の中でも当協会は、突発的な仕事、職場の雰囲気、上司の「5分良い?」など、健全で文化的な定時退社を阻むあらゆる困難に立ち向かいすべての働く人々の充実した終業後の時間の創出と、労働・私生活の均衡維持に資して参ります。

すべてはそう、仕事帰りのビールのために。-

定時退社訓練の内容

via ヤッホーブルーイング

via ヤッホーブルーイング

<定時退社訓練>第一回実施の様子はこちらからご覧頂けます。

URL:https://youtu.be/5LG1y2JJA3c